とんでもなく明るいCAたちのラストフライト。PASSPO☆解散ライブレポート

Passpo lastflight thumbnail

SNSでシェアする

スポンサーリンク

2018年9月22日に行われた、『歌って踊って奏でる対バンツアー~Road to 中野サンプラザ~ 中野サンプラザ公演』へ行ってきました!

この中野サンプラザ公演が、PASSPO☆のラストフライト(最後のライブ)でした。

最後にふさわしい、圧巻のフライトでしたよ。

  • PASSPO☆と僕
  • ライブレポート
    • セットリスト
    • ダンスPASSPO☆
    • BAND PASSPO☆
    • 懐かしメドレー
    • ラストスパート
    • アンコールとダブルアンコール
  • 終わりに

PASSPO☆と僕

PASSPO☆を初めて観たのは、確か2016年のTIFか@JAM EXPOだったかなーと思います。

当時、BAND PASSPO☆に驚いたのを覚えています。

「ロックで好きな楽曲だな〜」

「ん?この子達はなんで自分たちでバンド演奏をしているんだ?めちゃくちゃいいじゃん何これ」

「はっちゃけ隊ってなんだよww」

「PASSPO☆最高じゃん」

となりました。

そこから、

  • ててでるツアーの千葉公演
  • ご新規さん向けのチケットが安かったLCC便ライブ
  • アルバム『Cinema Trip』のリリイベでゆっきぃと初接触(推しはゆっきぃです)
  • 日本青年館ライブ
  • ててでる対バンツアー

など、何度かライブやイベントに足を運んでいます。

そして、 大きなフェスでは必ずと言っていいほどPASSPO☆のステージを観てきました。

PASSPO☆と僕の関係はこんな感じです。

パッセンジャー(PASSPO☆のファンの呼称)と言えるか怪しいかもですが、PASSPO☆のことは一方的に好きでしたよ。

ライブレポート

そんな僕ですが、ラストフライトに参加させてもらいましたので、レポートを書き留めておこうと思います。

十分に知ってるつもりでしたが、改めてPASSPO☆って本当にすごいアイドルだったんだなと再認識しました。

セットリスト

セットリストこちらです。

セットリスト
  1. Let It Go!!
  2. 少女飛行
  3. 夏空HANABI
  4. WING
  5. -MC-

  6. 7's Up
  7. HONEY DISH
  8. Love Diary
  9. Pretty Lie
  10. くちゃLOVE
  11. -MC-

  12. BABY JUMP~天国への搭乗便~
    (BAND PASSPO☆)
  13. WANTED!!
    (BAND PASSPO☆)
  14. キャンディー・ルーム
    (BAND PASSPO☆)
  15. マテリアルGirl
    (BAND PASSPO☆)
  16. Perfect Sky
    (BAND PASSPO☆)
  17. 向日葵
    (BAND PASSPO☆)
  18. -MC-

    〜懐かしメドレー〜

  19. BREAK OUT!!
    (BAND PASSPO☆)
  20. ViVi夏
  21. Go On A Highway
  22. LA LA LOVE TRAIN ~恋の片道切符~
  23. じゃあね...
  24. 〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    -MC-

  25. 無題
  26. 「I」
  27. You
  28. -MC-

  29. TRACKS
  30. アンコール

  31. Party like a Rockstar!
  32. -MC-

  33. STEP & GO
  34. -MC-

  35. Music Navigation
  36. ダブルアンコール

  37. 少女飛行
    (BAND PASSPO☆)
  38. -MC-

  39. バチェロレッテは終わらない

おなじみのフライトログです。



3時間に及ぶ、集大成のフライトでした。

ダンスPASSPO☆

インディーズデビューシングル『Let It Go!!』でライブが始まります。

2曲目は、意外にも『少女飛行』で来ました。

『少女飛行』はメジャーデビューシングルで、オリコンウィークリーチャート1位を獲得した楽曲です。

こんなに序盤で『少女飛行』が来たということは、絶対に後半でもう一回あるなと思いました(笑)

だって、この曲はめちゃくちゃ有名ですし、PASSPO☆の代名詞と言える曲ですからね。

『7’s Up』は、PASSPO☆の紹介曲として本当に優れてると思います。

PASSPO☆らしさが出てるというか。

明るいんですよね。

この曲はPASSPO☆の紹介曲なんですが、

“自己” 紹介ではなく、 “他己” 紹介の曲

です。

通常は、歌唱しているメンバーが自分を自分で紹介する、自己紹介曲が一般的かと思います。

でもこの曲は、

歌唱しているメンバーが、次の歌唱メンバーのことを紹介する

という曲なんです。

そんな形式をとったのは、僕の知る限りPASSPO☆だけです。

PASSPO☆すげぇなぁと思うばかりです。

さて、このダンスPASSPO☆パートでは、泣いてしまった曲がありました。

『Pretty Lie』 です。

なぜなんでしょう?涙が出てきました。

曲調がどこか悲しいからでしょうか?

『Pretty Lie』は、人気曲ですよね。僕も大好きです。

たぶんですけど、今までこの曲をライブで聴いてきた思い出が蘇っちゃったんですよね。

BAND PASSPO☆

続いてはBAND PASSPO☆のパートです!

PASSPO☆がすごいのは、

自分たちでバンド演奏してしまうところ

ですよ。

そんなアイドル他にいますか? バンドの楽器全部やる んですよ?

  • ボーカル
  • ギター(2人)
  • ベース
  • ドラム
  • キーボード

という完璧な編成です(1人タンバリンがいます)。

「1回だけ挑戦してみましたー。そんなに上手くないけど許して☆」

って感じじゃないですからね。 ガチ です。ガチで普通にちゃんと演奏するんです。

僕はPASSPO☆のこういう部分にも惹かれていました。

この日は、BAND PASSPO☆の姿を目に焼き付けておこうと思ってました。

歌唱が多くて目が行きがちな

  • もりし(ボーカル)
  • なちゅ(パーカッション)
  • あいぽん(キーボード)

ではなく、ギター・ベース・ドラムである

  • なおみん(リードギター)
  • ゆっきぃ(リズムギター)
  • みおみお(ベース)
  • あんにゃ(ドラム)

を中心に見るようにしました。

どういうところを見ていたかと言うと、

  • 演奏している指さばき
  • 演奏している立ち振る舞い

を見てました。

例えばなおみんやゆっきぃ。
(僕は少しだけギターをかじったことがあるので、どうしてもギターに目が行きます)

お立ち台に上がって、ギタープレイをかまします。

その立ち振る舞いと言ったら・・・!

その立ち姿には、自信に満ち溢れた堂々さが感じられます。

左手がネック上を華麗に動き回ります。

バッキングもピッキングも、ぎこちなさのない見事な動きです。

「あれ?俺、アイドルのライブに来てんだよな・・・?」

と疑ってしまうほど、彼女たちの演奏は惹き込まれます。

ギターだけでなく、ベースもドラムもキーボードも、どれも 聴かせる演奏なんです。

バンドサウンドにマッチするもりしのボーカルだって不可欠です。もちろんなちゅのタンバリンも!

さて、BAND PASSPO☆のパートでは人気曲であり、僕も大好きな曲が演奏されました。

  • BABY JUMP~天国への搭乗便~
  • WANTED!!
  • キャンディー・ルーム
  • マテリアルGirl
  • Perfect Sky
  • 向日葵

『WANTED!!』や『キャンディー・ルーム』、『マテリアルGirl』は、BAND PASSPO☆で何度も聴いてきた思い出の楽曲たちです。

この辺りで、 もりしが2階席まで来てくれたんです!!

嬉しかったな〜。

PASSPO☆ってどちらかと言うと親しみのあるサバサバしたグループってイメージだったんです。

でも、このときは違いました。

パッセンを見ながら嬉しそうな顔をして、楽しそうに歌っているもりしをあんなに近くで見ると、キラキラ光って見えたんです。

「すげぇ、これがアイドルか」

と思いましたね。

何というか、PASSPO☆って近い存在だと思ってたんですが、あの瞬間は遠くて全然届かない存在、まさしく「アイドル性」を感じたんですよね。

あんなに近くで見たのに、遠かったんです。

オーラってこういうことなんだなと思いました。

あと、この日『Perfect Sky』がすごくエモかったことを覚えています。

なんでエモいんだ?と思いながらYouTube観てたら、理由がわかりました。

『Perfect Sky』は、 PASSPO☆初のバンドver.シングル だったんですね。
※にわかパッセン(パッセンジャーの略)ですみません・・・

彼女たちの想いが曲に乗って伝わってきたのでしょうか?たぶんそうなんだと思います。

懐かしメドレー

懐かしメドレーのパートは、

懐かしい曲(古めの曲)が書かれたくじが入っている箱からメンバーがくじを引いて、その曲をその場で披露していく

というものでした。

全5曲分を引き終えたあと、どの曲をどの順番で披露するかの打ち合わせが始まります。

順番が決まったら、次はちょっとしたリハーサルです。

その場で、曲のつなぎを確認していく感じです。

PASSPO☆がすごいのは、

「あれ?この曲BAND PASSPO☆でできんじゃね?」

という発言が出てきて、そのままバンドで演奏してしまうところですよ。

実際、1曲目に『BREAK OUT!!』をBAND PASSPO☆で披露しました。すげー・・・

そしてこのパートでは、僕が愛してやまない曲を披露してくれました。

『LA LA LOVE TRAIN ~恋の片道切符~』

です!!!!

この曲がPASSPO☆の楽曲の中で1番好きなんです。

くじ引きで決まったので、もしかしたらこの日披露されなかったかもしれません。危なかった〜・・・

くじが引かれたとき、「やった〜〜〜〜〜!!!!」と叫んでしまいました(笑)

メドレーなのでワンハーフ(1コーラス半)だけだったのですが、それでも聴くことができて幸せでした。

ラストスパート

本編終了が近づいています。

『「I」』という楽曲はエモくて好きです。なんなんですかね?この郷愁を誘うメロディーは。

特にサビ最後のメロディーがやばいです。涙腺もやばいです。

歌詞もやばいんですよね。

いつだってほら
スタートライン立てるよ
「私」という未来への挑戦

本格的に涙腺が決壊しました。

この歌詞はズルいですよ!!こんなん泣くやん!!

アンコールとダブルアンコール

アンコールのハケ方ですよwww

音楽に合わせて、中腰になって、7人全員で前の人に続いて去っていくっていうww

こういうところがPASSPO☆ですよねww

僕的にアツかったのが、ダブルアンコールでの

  • 少女飛行(BAND PASSPO☆)
  • バチェロレッテは終わらない

の流れです。

どんなところがアツかったのかと言うと、

  • ダブルアンコールという場面で、メジャーデビューシングル『少女飛行』をBAND PASSPO☆でやってくれたこと
  • 本当に最後の曲が『バチェロレッテは終わらない』だったこと

というところです。

というか、やっぱりもう一度『少女飛行』やりましたね。

メジャーデビューシングルで、オリコンウィークリーチャート1位を獲ってるんですよ。

かなり認知されてる曲だと思います。

そういう曲を、この場面で、BAND PASSPO☆でやったんですよね。

BAND PASSPO☆が、いかにPASSPO☆の活動を占めていたのか、いかに大事な時間であったかを物語っていると思います。

そして、『少女飛行』の大合唱はとんでもなくエモかったです。

本当に最後の曲は、『バチェロレッテは終わらない』でした。

この曲も、大好きな曲です。

解散ライブが決まったときから、最後はこの曲と決めてたらしいです。

テーマは、 「女の友情」

彼女たちの友情は、解散後も固く続いていくんだろうなということが察せますよね。

最後は、

全員で肩を組んでステージ後ろに向かって歩いていき、照明が落ちる

という終わり方でした。かっこいい・・・

本編の終わりだったかアンコールの終わりだったか忘れましたが、なおみさんの言葉が印象に残っています。

「うちらすげー明るい奴らじゃん?だから明るく終わりたい」

いや、これ本当にPASSPO☆らしいなと思いました。

実際、ラストフライトはとっても明るく終わりました。

最後にエンドロールが流れたんですが、これもなおみさんの言葉が印象深かったです。

エンドロールの最後に、「あなたにとってPASSPO☆とは?」というお題でメンバー一人ひとりの手書きの一言が流れました。

なおみさんのところには、

「渋谷の奇跡」

と書いてありました。

ぱすぽ☆は全員、渋谷でスカウトされたメンバーで結成されたグループなんです。

「確かに」 と思いました。

渋谷から生まれた奇跡のグループ だなと。

あと、このメンバー一人ひとりというのは、例外なく一人ひとりでした。

つまり、

卒業した3人のメンバーからのメッセージ

も届いていたんです。

なんかブワッと来ちゃいましたよね。

終わりに

PASSPO☆と言えば、 現代のアイドルシーンを牽引してきた偉大なグループ です。

TIFには第1回から全て出演 しています。

僕がアイドル3大フェスと呼んでいる、アイドル横丁・TIF・@JAM EXPOに行くようなオタクはみんな知ってるグループです。

なんなら オタクじゃなくても知っている人はたくさんいます。 僕の周りにもいます。

そんなグループが解散するんです。

PASSPO☆は、 本当に長く続けていくんだろうな〜と思っていました。 そんな雰囲気がありました。

それが叶わなかった。

にわかパッセンの僕ですが、そんな僕でも悔しいなと思います。

でも、 ラストフライトは、悔いの残らない素晴らしいフライトを観せてくれました。

PASSPO☆という本当に素晴らしいグループを知ることができました。

PASSPO☆というグループを知れて、その最後のフライトに立ち会うことができて、好きになれてよかったと思えます。

ありがとう、明るいCAたち。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

あわせて読みたい

PASSPO☆のててでる対バンツアー&トーフラの福士マイカ生誕イベント で合計7組を思う存分楽しんだレポート

2018.06.21