GEMとGEMILYの宝物。GEM解散ライブ『GEM LAST STAGE ~Thank you GEMILY~』レポート #GEMラストステージ

Gem last stage thumbnail

SNSでシェアする

スポンサーリンク

2018年3月25日に行われたGEMの解散ライブ、『GEM LAST STAGE ~Thank you GEMILY~』に行ってきました。

「この日が来るな」

と思ったライブは初めてです。

これ以降GEMのライブを観れなくなるんです。

同時に、「早くGEMのライブを観たい」という気持ちもあり、気持ちの整理がつかないままライブを観てきました。

でも、結果として彼女たちは「デキるアイドルGEM」としての見事なステージを観せてくれましたし、彼女たちの最後を見届けられて良かったです。

記事は、

  • 僕はどんな想いで解散ライブに臨むのか?
  • 巨大パネルとスタンドフラワーで心が晴れる
  • ライブレポート
  • 渾身の解散ライブを観て

という構成でお届けします。

僕はどんな想いで解散ライブに臨むのか?

僕がGEMの解散ライブにどういう気持ちで参加するのかをまとめました。

  • 主現場はGEM
  • 推しのいない推しグループの解散ライブ
  • 舞彩初めまして

主現場はGEM

僕はGEMやわーすたなど複数の現場へ行っていますが、主現場はGEMです。

何よりもGEMを優先していました。

GEMというグループを推してるんです。

1番推しているグループの解散ライブですよ。

めちゃくちゃ悲しいです。

でも、GEMの最後のパフォーマンス、そりゃ観たいですよね。

推しのいない推しグループの解散ライブ

僕はGEMを推してます。

そして、村上来渚を推してます。

でも、村上と伊山は解散ライブには出ません。

ですので、解散ライブに推しは出ないんです。

でも僕は、GEMというグループが好きです。

だから解散ライブに参加します。

ただ、そこに推しがいないということ、それを承知で最後を見届けに行くんです。

GEMというグループを推しているからです。

舞彩初めまして

僕は、メンバーの武田舞彩がLAへ留学した後にGEMILY(GEMのファン)になりました。

舞彩を一度も生で観たことがないんですね。

だから、今回の解散ライブで舞彩のパフォーマンスを初めて観ることになります。

その点は、純粋に楽しみにしている部分ではありました。

巨大パネルとスタンドフラワーで心が晴れる

重い足取りで会場へ向かいました。

これから最後のライブを観に行くんですから、そりゃ複雑な気持ちですよ。

どのGEMILYもそう感じていたでしょう。

会場の山野ホールに着きました。

山野ホール

外観はこんな感じですが、実際の会場は地下のようでした。

会場前に着くと、

  • 巨大パネル
  • たくさんのスタンドフラワー

が出迎えてくれました。

どちらもすごかったですよ!

せっかくですので写真でご紹介します。

巨大パネル

まずは巨大パネルです。

これまでのシングルやアルバムなどのビジュアルが、どデカくどーんと置いてあって、大迫力です。

パネル

パネル

パネルの写真を撮っていたら、メンバーがするっと来て、直接マジックでパネルにいろいろ書き始めました。

僕が見たときは、金澤・伊藤・小栗・熊代の4人が来ていました。

これの前にどうやら、森岡・南口・武田・平野・西田の5人が来ていたみたいで、すでに書いた後のようでした。

最終的に、9人の手書きの文字が入った巨大パネルが出来上がったというわけですね。

それぞれビジュアルごとに紹介します。

まずは、『We’re are GEM!』のビジュアルです。

パネル

サインやメッセージが入ってます。

こんな感じでいたるところに書かれています。

次は、『Do You Believe?』です。

パネル

『Star Shine Story』です。

パネル

『Baby, Love me!』とライブBD&DVDの衣装です。

パネル

『Fine! 〜fly for the future〜』です。

パネル

アルバムですね。

パネル

『Spotlight』です。舞彩がLAへ、もなみちゃんとひらりちゃんが入ってきました。

パネル

『Sugar Baby』です。僕は『Sugar Baby』新規ですので、思い入れが深いです。

パネル

『キミと僕。/最強 Summer!!』です。最後のリリースですね。

パネル

メンバーが来てパネルに直接書いてるところをみんな見ていたわけですが、みんな思ったでしょうね。

「久しぶりに近くでメンバー見れた」

と。

いつもライブの後はだいたい握手会があって、GEMのイベントへ行けば必ず近くでメンバーを見れましたし、話せたんです。

ですがこの日、最後のイベントから実に4ヶ月経過しています。

もちろんメンバーを見たのがそれより前だという方もいたでしょう。

みんな久しぶりです。僕も久しぶりです。

久しぶりに近くで見るメンバーは、やっぱりかわいくて、キレイで、眩しくて、輝いていて…

アイドルの輝きというものを改めて感じました。

その場にいる人達を一瞬で幸せにして去っていくんです。

「やっぱアイドルって、GEMってすごいよ」

と思わずにはいられませんでした。

たくさんのスタンドフラワー

関係者からの花もいくつかありましたが、それ以上にGEMILYからの花が多いんです。

ファンからこんなに花が来ているライブは初めて見ました。

スタンドフラワー

スタンドフラワー

スタンドフラワー

スタンドフラワー

スタンドフラワー

スタンドフラワー

これでも全部は撮り切れていません。それだけたくさんの花が届いていたんです。

GEMILYからGEMへの大きな大きな愛を感じます。

ちなみに、伊藤千咲美さんへは個人で花を出している方が多くて、ただただすごいなと思いました。

個人で出しているからすごいとか偉いとかそういうわけではなく、個人で出す方が増えると単純にそのメンバーへの花の数が多くなるんですよね。きっとそういうことを考えてのことだったんだろうなと思います。

もちろん多人数で協力して大迫力の花を用意するのも大変に素晴らしいと思います。

これなんて横断幕まで作ってて本当に立派な花でした。

スタンドフラワー

メンバーが会場の外にまで出てきて書いてくれた巨大ボードと、愛に溢れたたくさんのスタンドフラワーのおかげで、僕の複雑な気持ちも少し晴れて、だんだんライブへ臨める気持ちになってくれました。

ライブレポート

ライブタイトル

始まって欲しくないですが、「その時」は来てしまいます。

覚悟を決めました。

セットリスト

    〜オープニング映像(MVメドレー)〜

  1. Girls Entertainment Overture
  2. We're GEM!
  3. WHAT IF
  4. Baby, Love me!
  5. EMERGE!!
  6. Fine! ~fly for the future~
  7. 〜自己紹介MC/衣装チェンジ〜

  8. Sugar Baby
  9. キミと僕。
  10. Spotlight
  11. FLY NOW!!
  12. Tears in the sky
  13. Like A Heartbeat
  14. 〜ムービー(GEMなう。)/衣装チェンジ〜

  15. departure
  16. fRiEnDs
  17. Clarity
  18. 〜ムービー(GEMの軌跡)/衣装チェンジ〜

  19. Speed up(バイオリン生演奏)
  20. Do it Do it
  21. 〜Dance Number〜

  22. Do You Believe?
  23. Party Up
  24. Can't Stop Loving
  25. Just! Call Me
  26. BFF
  27. Star Shine Story
  28. 〜個別挨拶〜

    アンコール

    〜個別メッセージムービー〜

  29. We're GEM!
  30. The Brand-New Girl
  31. 〜終演BGM 夢の蕾〜

公演を各ブロックに分けてレポートしていきます。

ブロック 内容
第1ブロック 『Girls Entertainment Overture』 〜 『Fine! ~fly for the future~』
第2ブロック 『Sugar Baby』 〜 『Like A Heartbeat』
第3ブロック 『departure』 〜 『Clarity』
第4ブロック 『Speed up』 〜 『Star Shine Story』
アンコール 『We’re GEM!』 〜 『The Brand-New Girl』

間のムービーやMCなどもしっかりレポートします。

第1ブロック

第1ブロック

いよいよ始まりました。

始まってしまったと言うべきでしょうか…

でも、ライブが始まった瞬間から、自分の心がワクワクする気持ちで満たされていくのがわかりました。

オープニング映像が流れます。

各シングルのMVがダイジェストで流れていきます。

僕は『Spotlight』〜『Sugar Baby』の時期からの新参GEMILYですが、歴代のMVが流れていくだけでも胸に来るものがあります。

映像が終わって、SEがかかり始めました。

もちろん初代SE、『Girls Entertainment Overture』です。

SEがかかると同時にメンバーの登場です。

アルバム・『Fine! 〜fly for the future〜』の衣装でした。

初っ端のSE、メンバーからの気迫がすごいです。

と思ったら8人しかいません。

舞彩がいないんですね。

なるほど、舞彩は途中から参加するんですね。

初代SEにはメンバーコールがあるんですが、

  • まほちコール
  • らなちんコール

がしっかり聞こえてきました。

僕も叫びました。

本来その2人がソロダンスするところは、誰もソロダンスしていませんでした。

あえて2人のコールができるようにそうしたんだと思います。

そして1発目の曲、『We’re GEM!』です。

ここでこの曲やったなら、ライブ後半でもう一度やるなと思いました。

この曲を舞彩がいない状態でやって終わりのわけがないと思ったからです。

舞彩不在の『We’re GEM!』では、『あーかこちん!』コール後の歌唱をこれまで通りひらりちゃんが担当していました。

ひらりちゃんの歌唱ですので、「ひーらり!」コールでしたね。

8人という状態でしたがメンバーの気合いの入りようが半端ではなく、20人ぐらいがステージに立っているかのような圧倒的な存在感でした。

このライブに懸けて来ている想いを感じ取れます。

続いて、『WHAT IF』『Baby, Love me!』です。

もうヤバイですよね。序盤からめちゃくちゃ盛り上がりました。

『WHAT IF』なんて全力で踊っちゃいましたし、『Baby, Love me!』でも「おっおっえっおー!」のコールが楽しくてしょうがありません。

この辺から、妙な感覚になりました。

「あぁ、いつものGEMの曲だ。日常が帰ってきた。」

何ていうか、また来週か再来週かにでもGEMのライブがあるんじゃないかっていう気がしちゃったんですよね。不思議でした。

Baby, Love me!

さて、いよいよ舞彩の登場です。

舞彩のソロ曲『EMERGE!!』です。

なんと、なんとですよ?エレキギターを携えて現れました!

『EMERGE!!』

ヤバくないですか?凱旋初ステージの1番最初にエレキギター弾き語りですよ?

さすがにかっこよすぎるんですけど…

実際の演奏としては、リズムのストロークをちょこちょこっと弾くぐらいでしたが、それでも十分すぎるかっこよさでした。

会場のサイリウムが真っ赤に染まっていました。

バックダンサーはGEMメンバー全員です。

舞彩 with ギター

めちゃくちゃかっこいい…

『EMERGE!!』

ステージ裏での写真です。

舞彩 with ギター

この方、赤のギターが似合いすぎじゃね?

続いて『Fine! ~fly for the future~』を披露して、次は自己紹介MCと衣装チェンジですね。

第2ブロック

いつものように1人ずつ自己紹介していきます。

久しぶりにメンバーがステージで話しているところを見ました。

一夜限りですが、GEMとしてステージに帰ってきてくれました。

そして、

\舞彩おかえりー!/

自己紹介が終わると半分が捌けて、トークですね。

半分ずつ衣装チェンジして、その間トークって感じです。

衣装は、2017年の夏を駆け抜けた『キミと僕。/ 最強 Summer!!』の衣装です。

『キミと僕。/ 最強 Summer!!』の衣装

この衣装は舞彩が留学に行った後に作られたものです。

でも実は、舞彩用の赤の衣装も作られていたということです。

デザインは舞彩が考えたものだったんですね。そりゃ舞彩用があってもおかしくない!

第2ブロック1発目は、『Sugar Baby』です。

この日の『Sugar Baby』はちょっと違いました。

先ほどのMCで『小悪魔ダンス』(サビでの振り)のレクチャーがあったのですが、確かかこちんから、最後だからちょっと変えたいという提案があったんですね。

かこちんやなっちー、ちさみから案が発表されたのですが、最終的に

最後に「ふぅ!」と両手をあげる動作

が採用されました。今日限りの特別バージョンでした!

Sugar Baby

Sugar Baby

続いて、『キミと僕。』、『Spotlight』と続きます。

『キミと僕。』、めちゃくちゃ盛り上がりましたね。

(心残りがあって、落ちサビのひらりちゃんパートで「L!O!V!E!LOVELY!ひらり!」のコールができなかったんです…忘れてました…不覚です…)

『Spotlight』の2番最後からラスサビは、前々から披露したことのあるアレンジバージョンでした。

この辺り、舞彩参加で観たかった曲です。

『Sugar Baby』も『キミと僕。』も『Spotlight』も、舞彩が留学してからリリースされた楽曲です。

Spotlight

この辺で思ったんですが、見せ場の歌唱(本来はらなちんパート)をひらりちゃんが担当していることに気づきました。

舞彩や珠琳ちゃんが担当している場合もあるのですが、ひらりちゃんが多かったように思います。

らなちんの歌唱パートだった部分を遜色なく歌いきっていて、ひらりちゃんの歌唱力の高さに改めて驚かされました。

『FLY NOW!!』ではひらりちゃんではなく、舞彩の印象がありました。

後半の「つーかーまえてよー」の部分なんですが、らなちんはいつも、音源とは違う音程で歌唱していました。

この部分を舞彩がらなちんと同じように音源とは違う音程で歌っていて、「舞彩ありがとう」ってなりましたよ。

『Tears in the sky』、『Like A Heartbeat』と続き、第2ブロックが終わります。

第3ブロック

メンバーはステージ袖に捌けていき、過去の『GEMなう。』が編集されたムービーが流れます。

『GEMなう。』とは、YouTubeでアップされているGEMの密着動画です。

『GEMなう。』は一旦終わった時期があって、再開したときに『GEMなう。2』というタイトルになりました。

僕は、『GEMなう。』は全て観たわけではないですが、『GEMなう。2』は全て観ています。

「懐かしいなぁ…」と思いながら観てました。

そして第3ブロックが始まります。

第3ブロックは、バラードのブロックでした。

『Fine! ~fly for the future~』の白衣装での登場です。バラードパートにマッチしています。

バラードブロック

このブロックは、

  • 『departure』
  • 『fRiEnDs』
  • 『Clarity』

の3曲です。

『departure』は、メンバーのかこちんが振り付けした曲です。

departure

departure

メンバーが振り付けした曲があるアイドルグループ

なんてそうそうないと思いますし、ダンスに関して素人の僕ですが、普通に振り付けとして完成度が高いと思います。

こういう曲は、かこちんがコレオグラファーとして才能があったというだけでなく、

メンバー全員がある程度のダンススキルを持っているGEMだからこそ成立した

というのはあると思います。

そして『departure』という単語は、「出発」という意味なんですよね。

解散して新たな道へ出発していく彼女たちの状況に合いすぎてました。

続いて『fRiEnDs』です。

皆さんご存かと思いますが、この曲は留学する舞彩に向けた曲なんですね。

『fRiEnDs』の大文字になっている部分を抜き出すと、「RED」になります。

舞彩のMy GEMはスタールビーで、メンバーカラーとしては「赤」です。

でもこの日は少し意味合いが変わると思いました。

明日のことはわからなくても お互いの夢を歩いていくんだ

これから別々の道を歩いていく彼女たちが、自分たちに・お互いに向けて歌ったのだろうと思います。

らなちんや伊山さん、そしてもなみちゃんに向けても。

ライブが始まって、僕が最初に涙してしまったのはここでした。

バラードブロック

バラードブロック

バラードブロック最後の曲は『Clarity』です。

至高のバラードですよね。

しんみりと聴き惚れました。

この第3ブロックは3曲しかないのですが、バラードのブロックとして大きな存在感がありました。

第4ブロック

メンバーが捌けて、『Star Shine Story』をBGMにしたムービーが流れます。

内容は「GEMの軌跡」という感じで、これまた編集が上手いんですよ…BGMも相まってめちゃくちゃ泣きましたね。

ムービーが流れたということは、またまた衣装チェンジです。

本ライブ3回目の衣装チェンジです。ライブの構成としての厚みがすごいです。

ムービーが終わって衣装チェンジしたメンバーが出てくるかと思っていたら、男性の方がステージ上手の方に出てきました。

なんだろう?と思って見ていたら、ヴァイオリンを持ってるじゃないですか。

ヴァイオリンの生演奏が始まりました。

美しい演奏です。

最初はオリジナルの曲かと思うぐらいアレンジされているんですが、途中からだんだんGEMのどれかの曲だとわかってくるんです。

『Speed up』だとわかったとき、鳥肌がブワーッと立ちました。

そして黒のタスキ衣装でメンバーが登場し、そのまま『Speed up』のパフォーマンスです。

終始ヴァイオリンの生演奏ありです。

こんな演出を用意したのは、やっぱり『Speed up』がGEM始まりの曲で、特別だからなんですよね。

演奏とそのアレンジを担当されたのは、岩嵜壮志さんです。

続いて『Do it Do it』です。

GEMの初期の2曲を並べてきました。

僕は初期の頃を知りませんが、ここで『Speed up』と『Do it Do it』を並べてきた意味はわかります。

そして次にダンスナンバーが来ます。

GEMのワンマンといえばダンスナンバーなんです。

沙羅ちゃんがリハのときの動画をアップしてくれています。

くっそかっこよかったです。これですよこれ。GEMにはこれがあるんです。

このダンスナンバーの振り付けを担当したのがASAMIさんです。

GEMメンバーからのたっての希望でASAMIさんに依頼がかかったんですね。

ダンスパートをやるのが当たり前というグループって中々ないんじゃないでしょうか。

ダンスナンバーは、GEMのワンマンライブの楽しみの1つでした。

ダンスナンバーって、そのライブのその日1回披露するためだけに作られるんですよ。

振り付けもそうですし、曲もそうです。

そして1回披露するためだけに、メンバーは必死で練習するんです。

こんなの特別に感じないわけがないですよね。

だからいつも楽しみでした。

最後に素晴らしいダンスナンバーを観ることができて嬉しかったです。

さあ、続いての曲からアゲ曲が続きます!

まずは、『Do You Believe?』です!

Do You Believe?

バッチリ「いやいやいやいや、いやままほ!」コールがありましたよ!

この曲では、知り合いのGEMILYからサイリウムを託されていて、ある部分で焚いてくれと頼まれていました。

それは、ラスサビ前の「Do You Believe?」で長く伸ばすロングトーン。らなちんパートです。

緑のサイリウムを託されていました。

ここの歌唱は、実際にはひらりちゃんが担当していたと思います。

ひらりちゃんは立派に歌唱してくれていました。

でも、僕の耳にはらなちんのあのロングトーンが聴こえてきてました。

ひらりちゃんだとわかってるんです。でも僕は、緑のサイリウムを掲げてステージにらなちんの姿を見ていました。

本人には届かないですし、ひらりちゃんに申し訳ない気持ちがありつつも、緑を振らずにはいられませんでした。

ひらりちゃん、素晴らしいロングトーンだったよ。

さて、次の曲からも

  • 『Party Up』
  • 『Can’t Stop Loving』
  • 『Just! Call Me』

とアゲ曲が続いていきます!

『Party Up』では、(いないですが)推しジャンしました。

『Can’t Stop Loving』はGEMで1番好きな曲です。やってくれてありがとう。

『Just! Call Me』では、これでもかってくらいメンバーコールしてやりましたよ。ここで完全に喉を枯らしました

ここのアゲ曲エリアは、会場も完全に盛り上がる気満々ですという感じで、尋常じゃないほど声が出てました

次は、ガラッと雰囲気が変わって『BFF』です。

BFF

イントロがかかったときの会場の嬉しそうな歓声。

この曲の人気の高さを改めて実感しました。もちろん僕も大好きです。

『BFF』は、「Best Friend Forever」の略です。

彼女たち12人がいつまでもベストフレンドでいられますように。

そして本編最後の曲となりました。

『Star Shine Story』です。

この曲を最後に持ってくるのは本当にずるいです。

こんなの泣いちゃうんですよ。

スクリーンに歌詞が表示されます。

夢なら覚めないで

とか、

離れ離れのストーリー いつかは重なって

とかっていう歌詞があるんです。

「解散してしまうなんて、夢なら覚めないでくれ」

と思うと同時に、

「いつかまたGEMのメンバーが一緒にステージに」

とか思っちゃうんですよ。

こんなの泣いちゃうんです。

GEMILYを泣かせにかかってるんです。

そして、最後に一人ひとりの挨拶です。

みんな共通して、

「GEMで良かった。」

と口を揃えて言ってました。

中でも印象的だったのは、

  • ひらりちゃん
  • 舞彩
  • なっちー
  • ゆうきちゃん

の挨拶です。

ひらりちゃんは途中加入メンバーですので、たくさんの不安があったことでしょう。

その不安をメンバーやGEMILYが受け入れてくれたこと、GEMとして活動してきたことが無駄ではなく楽しかったことなどをわんわん泣きながら語ってくれました。

あんなに泣いてるひらりちゃんを見たのは初めてでした。

舞彩はたくましくて希望のある発言をしてくれました。

舞彩
舞彩

ラストにしてやるもんか…!

地べたを這いつくばって、泥水すすってでも戻ってきてやる…!

このライブ、絶対avexの関係者が観に来ているんですよ。

その方たちが来ていることをわかっててこの発言をしたんですよね。

舞彩がいかに悔しがってて、いかにGEMを復活させようとしているかが強く表れていると思いました。

僕は、

GEMのパフォーマンスはもう観れない

と決めつけていました。

でも、舞彩はこれで終わりと思っていないんです。僕が勝手に決めつけてただけなんです。

舞彩の言葉は、

「何年かかってもいい、またもう一度GEMのメンバーがGEMの楽曲でパフォーマンスする姿を観たい。そういう希望を僕も持たなきゃダメだ。」

と思うようにさせてくれました。

なっちーの言葉は、らなちん推しの僕を救ってくれました。

なっちー
なっちー

ホントのホントのホントの気持ちは………11人で立ちたかった。

この言葉を発するまでに何度も何度も言い淀んで、やっと口に出せたという感じでした。

舞彩のときと同じで、関係者が観に来ているライブで敢えてこれを発言してくれたんです。

正直、9人は2人のことをどう思ってるのか気になってはいましたが、考えないようにしていました。解散ライブを楽しめないと思ったからです。

もちろん9人がみんな同じ考えではないでしょう。

でも少なくともなっちーは、2人と最後にステージに立ちたかったということを言ってくれたんです。

なっちー、ありがとう。

ゆうきちゃんも2人について言及してくれました。

ゆうきちゃん
ゆうきちゃん

これからも突っ走っていきます。……きっと、2人もそうだと思います。

この発言に一体どれだけの意味が込められているでしょうか?

ゆうちゃんずの皆さんには恐縮ですが、少しだけゆうきちゃんについて語らせて下さい。

僕は、ゆうきちゃんはアイドルとしてのプライド・憧れ・姿勢がどのメンバーよりも強いと思ってます。

AKBの研究生をしていましたがその道が絶たれ、そしてアイストのスト生となり、GEMとしてやっとデビューして5年間活動しました。

それが解散という形になってしまい、またしてもそのアイドル道が絶たれたのです。

解散に至ったのは採算を考慮した経営的判断があったと言えど、2人の契約違反がその一助・きっかけとなってしまった可能性はあります。

解散のきっかけになっているかもしれない2人です。

それでも、ゆうきちゃんは自分たち9人と合わせて、2人のこれからも激励してくれたんです。

それがGEMのリーダーとしての発言なのか、心からの発言なのかはわかりません。

でも、僕という1人の村上来渚推しの心が救われました。

ゆうきちゃん、ありがとう。

アンコール

おなじみのアンコールがすぐにかかりました。

「G!E!M!」「G!E!M!」

僕も叫んでると、割りと早めにムービーが流れ始めました。

メンバー1人ひとりが語っていくムービーです。

この解散ライブへの想い。GEMへの想い。

そして僕たちGEMILYが注目したのは、

メンバーの今後

です。

みんなハッキリとは言いませんでしたが、どうやら全員芸能活動は続けていくようでした。

なっちーだけは少しだけハッキリ言っていて、アイドルとしてはこれで終わりにするということを明言していました。

GEMの解散は3/31付けですから、恐らくその日までは完全にハッキリとは言えないのだろうというのはわかっています。

ですが、これからもGEMメンバーの姿を見ていけるということがわかっただけでも安心しました。

ムービーが終わって、アンコールのパフォーマンスが始まります。

衣装は、先ほどの黒タスキ衣装に、上はTシャツです。

このTシャツ、販売されているものとは違って、「I ♥ GEMILY」となってるんです。

さあ、舞彩がいる状態での『We’re GEM!』です!

We're GEM!

最後の『We’re GEM!』です。

最後の指差し”To you”です。

最後の「あーかこちん!」コールです。

僕はなんかもう放心状態だったのですが、「あーかこちん!」コールだけは頑張りました。

GEMILYも半端じゃなかったです。

そして、本当の本当に最後の曲になってしまいました。

『The Brand-New Girl』です。

この曲が来ると終わるって感じがしちゃうのがまた…

最後ですし、「La La La」のとこ思いっきり歌いました。

思いっきり手も振りました。

ありがとうの気持ちを精一杯こめて。

The Brand-New Girl

最後

メンバーが捌けていくときのBGMは『夢の蕾』でした。

彼女たちの夢の蕾は、いつか必ず満開の花を咲かせるでしょう。

終わりに 〜渾身の解散ライブを観て〜

iDOL Street

この日はiDOL Streetが大集合していました。ファミリーグループの解散とあってみんな駆けつけたみたいです。

これだけ揃ったiDOL Streetのメンバーを見ることはもうないでしょう。

さて、今回のライブはどうだったのでしょうか?

間違いなく今までで1番良いライブだったと断言できます。

18時に始まったライブ。終わったのは21時でした。

全25曲、3時間に及ぶライブです。

この規模のライブはGEMとしては初めてだったと思います。

中身としては、

  • シングルA面曲は全て披露
  • 舞彩、ソロ曲でギター生演奏
  • ヴァイオリン生演奏の『Speed up』
  • ダンスナンバー
  • 3回の衣装チェンジ、計4着の衣装
  • 4つのムービー
  • バラードで落とすところは落として、アゲ曲で盛り上げるところは盛り上げる構成
  • 銀テープや紙飛行機のように落ちてくるハート型のメッセージ
  • なにより、メンバーの気迫

などなど書き切れません。

パフォーマンスとしても、構成・演出としても、文句なしに素晴らしいライブでした。

これぞ集大成。

アイドルとして、アーティストとして集大成。

今9人ができる全てを発揮した、これ以上ない最後を飾ったと思います。

BDでもDVDでも、映像作品として発売して欲しいです。

本当に、メンバー1人ひとりが輝いていました。

キラキラしていて、眩しいくらいでした。

GEMは魅力的なグループです。

短いですが、僕のアイドルヲタク人生で最も現場に通ったグループです。

こんなに輝いていて、かわいくて、愛嬌があって、スキルがあって、やる気もあって、芸能活動もみんな続けていくのに、グループは解散してしまうんです。

誰もが思っているでしょう。

もったいない

と。

こんなにも解散を惜しまれているんです。

メンバー、スタッフさん、GEMILYの誰もが解散を望んでいません。

でも、2018年3月31日の今日、GEMは解散します。

このブログは、GEMの発展を願って開設しました。

結局、発展どころか解散する形となってしまって、本当に悔しい思いでいっぱいです。

実は、せめて解散ライブまでにと思って、GEMの全コールを整備しました。

この解説が、いつかまた使われることになる日が来ることを心から願っています。

これから、GEMのメンバーはそれぞれの道を歩むことになります。

GEMILYである僕としては、メンバーそれぞれのイベントに行こうかと思っています。

GEMのメンバーみんな好きですし、それぞれを応援したいです。

新参の僕でさえ思ってるんですから、他のお強いGEMILYたちはもっと思ってるでしょう。

だから、メンバーみんな、大丈夫だ。

俺たちGEMILYがついてる。応援するぜ。

メンバーへのメッセージ

最後に、僕(はる)からメンバーへメッセージを書かせて下さい。

もしこの記事がメンバーの目に届くことがあれば、メッセージ読んでくれると嬉しいです。

ゆうきちゃんへ

リーダーお疲れ様でした。正直何回も釣られかけたぐらい、GEMで1番アイドルしてたのはゆうきちゃんだったし、かわいかった。新しい道でも、ちょくちょく顔を出させてもらおうかなと思ってます。楽しい時間をありがとう。

ちさみへ

ちさみの歌はすごく力強くて、特に『Can't Stop Loving』での落ちサビが好きだった。天然で空気感が周りと違うのも1つの個性で、それがかわいいところでもあった。名乗ったことはないけど、顔は覚えてくれてたみたいで嬉しかったよ。新しいツイッター・インスタのアカウントフォローしたよ!これからも応援させてね。

ちゃんまんへ

いつも太陽のようなはじける笑顔をありがとう。GEMに通うようになって1番最初に名前を覚えてくれたのはちゃんまんだった。嬉しかったなぁ。舞台を観たり、生誕での朗読を聞くと、芝居をしているちゃんまんがもっと観たいと思うようになってた。そういう仕事があるなら、観に行くよ!

なっちーへ

なっちー覚えてないと思うけど、2016年12月の定期公演(クリスマス)の抽選が当たってなっちーの雪だるまの置物?もらったの嬉しかったなぁ。その後の握手会で、置物をパカって開いて見せてくれて、中にもサインが入ってたの驚いた(笑)なっちーの歌は安定感あって聴き心地よくてレベル高いなーと思ってたから、もし歌以外の仕事になるんだったらちょっと寂しいな。でもそうなったとしても、応援させてね。

珠琳ちゃんへ

2017年の夏、握手会の度に「色白いな〜」って言ってくれたよね(笑)夏も終盤になった頃に言われた「黒なったな〜」が何故かに嬉しかった(笑)珠琳ちゃんは歌もダンスもスキルが抜群だと思うし、次の仕事でも珠琳ちゃんの歌やダンスを観れたらいいな。

かこちんへ

GEMを知った頃は「あーかこちん!」コールの印象が強すぎて、こんなすごいコールされる人ってどんなアイドルなんだ?と思ってたけど、かわいくてファン思いの優しいアイドルでした。かこちんのダンス好きでした。次の仕事はどうなるのか全然想像できないけど、ぜひ応援させて下さい!

らなちんへ

あなたがいたからGEMを好きになった。あなたがいたからGEMに惹かれた。ここで書かなくても十分に伝わってると思うけど、あなたの歌声超好きです。その歌いつまでも聴いていたい。これからもよろな。

舞彩へ

一度も会ったことないのに舞彩なんて呼ぶの失礼かもしれないけど、親しみを込めて呼ばせて下さい。舞彩が留学へ行ってからのGEMILYなので、一度もパフォーマンスを生で観たことがなく、楽しみにしてました。エレキギター弾き語りシビレました。またパフォーマンスが観れる日を楽しみにしてます。

伊山さんへ

初めて伝えるけど、フェスでの伊山さんの煽りに釣られた。あの煽りはすごいフックだったよ。それからGEMに通って伊山さんを見てると、ラップもできるし、ダンスも超絶だし、伊山さんほんと強いってことを知った。この間の生誕で歌とラップ観せてくれたけど、そのパフォーマンスもっと観たい。

沙羅ちゃんへ

沙羅ちゃんって話すときはほんわかしててかわいい感じだけど、ことパフォーマンスとなるとキリッとしてすげー顔立ちでガンガンキメるからギャップでいつも頭が混乱してた(笑)これからどんな仕事するのかわかんないけど、細々と応援するね。

ひらりちゃんへ

GEMILYになったときには既にひらりちゃんがメンバーとしていたので、ひらりちゃんがメンバーなことに何の違和感もなかったし、それが当たり前だった。抜群の歌唱力は絶対的で、生誕とかでポップス歌ってるのほんと最強だった。名乗ったことはなかったけど、顔は覚えてくれてたみたいで嬉しかったよ!またその歌を聴けることを楽しみにしてる!

みんな、これからもよろしくね!

スポンサーリンク

SNSでシェアする

あわせて読みたい

GEMとGEMILYの大運動会!GEMファンツアー(バスツアー)レポート

2017.10.10

虎よ、永遠だ。ベビレ解散ライブ『全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)』レポート

2018.10.05

スーパーサイヤ人舞彩の実力!『武田舞彩 20th Birthday live〜ここから始まる〜』レポート #武田舞彩誕生祭

2018.08.24

TIF2018に行ってきたので、気になったアイドルの曲を紹介する #TIF2018

2018.08.09

2日連続で金澤有希ちゃん!森杏奈卒業公演&金澤有希生誕祭レポート

2018.05.03