3組にみんなメロメロ!『MELLOW MELLOW 3MAN LIVE』レポート

Mellow 3man thumbnail

SNSでシェアする

スポンサーリンク

2018年5月19日に行われた、『MELLOW MELLOW 3MAN LIVE』に行ってきました!

このライブに参加を決めたのは、もちろん推しのLANAが出演するからなんですが、MELLOW MELLOWというグループもだいぶ気になってたからでした。

こないだのLANA主催ライブに出演していた、新原聖生さんという方がMELLOW MELLOWのメンバーの1人なんです。

「聖生さん歌上手かったな〜」

と思ってたので、聖生さんが所属するMELLOW MELLOWというグループ自体も気になってました。

気になるグループが主催するスリーマンライブに推しが出るなんて!行かないわけにはいかない!

そして、何やらころころパピーというグループも参加するらしい…?

ということで行ってきました。

記事は、

  • 出演者
  • ライブレポート

という構成でお届けします。

出演者

出演者

MELLOW MELLOWが主催するこのライブですが、スリーマンライブですので出演者は3組です。

  • MELLOW MELLOW
  • LANA
  • ころころパピー

3者ともまだ活動が浅いですので持ち歌も少なく、

推し始めるなら今

です!

それぞれ軽くご紹介します。

MELLOW MELLOW

このライブの主催グループです。

2017年10月に結成された新しいグループです。

グループ名の由来はこんな感じです。

「メロウなメロディ、メロウなソウル、メロウなサウンドを、全世界のみんなに感じて味わってほしい」

出典:ガールズユニット”MELLOW MELLOW”始動!

メロウってどんな意味かというと、

〈光・色・声・音など〉豊かで美しい,豊潤な.

出典:英和辞典 Weblio辞書

ということなんで、わかりやすく言うと「豊かで美しい音楽を届ける」というコンセプトってことですね。

メンバーは、

  • SENA(新原聖生)
  • MAMI(野田真実)
  • HINA

の3人です。

SENAさんとMAMIさんは、さんみゅ〜にも所属しています。

3人とも身長150cm以下!小さくてかわいい!

こちらインディーズデビューシングル『ガールズアワー』のMVです。

実は、こないだのLANA主催ライブにて、知り合いの方にこの『ガールズアワー』のCDをもらっていたのでループして聴いてました。

『ガールズアワー』もいい曲なんですが、僕はカップリングの『マイストーリー』がかなり好きでした。

これを生で聴きに行けるというだけでもこのライブに行く価値がありました。

LANA

LANAは、現在ソロで活動しているアーティストです。

僕のブログを読んでくださってる方ならご存知かと思いますが、僕の推しです!

元々、GEMというグループでアイドルをしていましたが、GEMは解散してしまいました。

GEMのメンバーはそれぞれソロとして徐々に活動を始めていっています。

LANAも積極的に活動していて、先日は自らが主催するピアノ生演奏ライブを開催しました!

このピアノ生演奏ライブにて、新原聖生さんをゲストに呼んでいました。

今回は反対に、新原聖生さんが所属するMELLOW MELLOWのスリーマンライブに、ゲストとしてLANAが呼ばれたという形ですね。

ころころパピー

ころころパピーは、5人組アイドルユニットです。

こちらも2018年5月12日にデビューしたばかりの新しいグループです。

・・・と思いきや、前身グループがあるみたいです。

元々『クピドリック』というグループだったのですが、新体制となって『ころころパピー』として再スタートしたみたいですね。

メンバーは、

  • 植木モコ
  • 前園彩乃
  • 高坂ななみ
  • 栗崎せら
  • 早瀬さくら

の5人です。

この内、植木モコさんと前園彩乃さんはクピドリックに所属していた旧体制メンバーです。

残りの3人は新メンバーということですね。

オリジナル曲『君ソング』のYouTube動画です。

まだCDデビューはしていないようですが、これからの活動に期待が高まるグループです!

ライブレポート

会場

ライブのデータはこんな感じです。

日時 2018年5月19日 開場12:30/開演13:00
会場 ヤマハ銀座スタジオ
会場キャパシティ スタンディング200人
座席形式 スタンディング
チケット代 2,500円+ドリンク代

13時からという早めの開演でした。チケットお安い!

このヤマハ銀座スタジオという会場ですが、ステージが高くて見やすい上に、音響もとても良く、かなり良い会場でした。

タイムテーブルはこんな感じでした。

タイムテーブル

    ころころパピー

    LANA

    MELLOW MELLOW

    全グループで挨拶

    特典会

ステージには、MELLOW MELLOWがライブで引き連れている『くまメロ』がいました!デカイ!
※こちらの写真は終演後にステージ前に移動されたときのものです。

くまメロ

足ながっ!

それではライブレポートしていきます!

ころころパピーのパート

まずはころころパピーのパフォーマンスです!

事前にオリジナル曲の『君ソング』を聴いて予習しておきました。

セットリストこんな感じでした。

セットリスト
  1. 君ソング
  2. ピンクウィッグ(?)
  3. (?)
  4. 君ソング

2曲目は確か『ピンクウィッグ』と言っていたような…

3曲目はわからなかったです…

2曲目と3曲目はカバーだったんですかね…?(もしかしたら前身グループの曲かもしれないです)

最初と最後に『君ソング』を持ってきましたね!予習した甲斐がありました。

1曲目の『君ソング』では、観客もノり切れていないようでしたが、4曲目ではみんなノリノリで振りコピしてましたね。僕もしました(笑)

わかりやすくて真似しやすい振りなので、すぐできましたよ!楽しい!

(しかもこれアレなんですよ。いわゆる指差しレスってやつなんですよ。)

ビジュアル的な印象としては、フリッフリの衣装でザ・アイドルという感じでしたね。

楽曲に関しては、カバー曲(?)も含めて、楽しい王道アイドルソングという印象を受けました。

楽しい楽曲なので、自然と体が動いてリズムを取ってましたね。

先週デビューしたばかりというのものあり、パフォーマンスはまだまだ伸びしろがありますね!

不思議なことに、そんなパフォーマンスを観てるとどこか応援したくなってくるんですよね…アイドルヲタクの定めなのでしょうか(笑)

コールに関しては、『MIX』やら『ふっふーふわふわ』やら、一般的なコールがかかってました(後ろでころパピヲタクの皆さん頑張ってました)。

ころパピ、楽しかったです!

LANAのパート

続いてLANAのパートです!待ってました!

セットリストこんな感じでした。

セットリスト
  1. サヨナラザクラ / LANA
  2. キロクノカケラ / LANA
  3. 星間飛行 / ランカ・リー(中島愛)
  4. 輝く月のように / Superfly
  5. call / LANA

LANAはオリジナル曲を2曲持っていますので、その2曲を披露して、後は2,3曲カバーかなーと思っていましたが、ちょっと意表を付かれました

『キロクノカケラ』という曲があるのを忘れていました。

この曲は、『jubeat』というアーケードの音楽ゲームに収録された曲なんです。

TOMOSUKE×Jazzin’park presents「LANA」

という企画が、LANA名義で2012年〜2013年にかけて実施されました。

そのときに、LANA名義の曲が何曲が作られてるんですね。

その内の1曲が、『キロクノカケラ』という曲です。

KONAMI公式チャンネルのPVです。

この曲は、中々生で聴ける曲ではないので、嬉しかったですね。

『星間飛行』は本当に意外でした!

アニメ『マクロスF』の挿入歌です。

僕は、このアニメを放送当時に普通に視聴してました。シェリル派かランカ派でよく議論したものです(笑)

だから、僕にとっては『星間飛行』は馴染み深い曲なんです。

LANAのオリジナル曲は2つともしっとりとした曲ですので、ライブではアップテンポなナンバーも欲しいなと思っていたところでした。

きっとそういう意図での選曲ですね。

この曲を挟んだことによって、良いメリハリになってました。

今回はカバーでしたが、今後はやっぱりアップテンポで楽しい感じのオリジナル曲も欲しいな〜と思いましたね。

そして、Superflyの『輝く月のように』は圧巻でした。

この曲、かなりパワフルな曲で、相応の歌唱力が要求されます。

そんな曲も見事な技術で歌いこなしていました。

高音が「バシッ」とキマると、聴いててめちゃくちゃ気持ちいいんですよ。

LANAの歌唱は、高音の発声に余裕が感じられます。なので、

「もしかしてその高音出ないんじゃ…?」

という心配をせずに絶対の信頼を持って聴いていられるんですよね。

『サヨナラザクラ』と『call』に関しては、今回音源を流してのパフォーマンスを初めて観た形です(前回のライブではピアノのみ生演奏)。

ハモリが聴こえてきました。音源にハモリが入ってるからですね。

これによって重厚感が出ていて、ピアノ生演奏のときとはまた違った良さがありました。

あと、サビ前からサビへ移行するときの盛り上がりについては、音源の方が迫力が出てて良いなと思いましたね。

生演奏大好きな僕ですが、ピアノ1本の生演奏では表現しきれない良さもあるなと気付かされました。

MELLOW MELLOWのパート

最後は、本日の主催者であるMELLOW MELLOWのパフォーマンスです!

事前の予習としては、『ガールズアワー』のCDを聴いたり、リリースイベントで撮影された動画を観たりしていました。

セットリストこんな感じでした。

セットリスト
  1. マジックランデブー
  2. グレフル
  3. ガールズアワー
  4. シュガシュガ
  5. マイストーリー

MELLOW MELLOWの持ち曲全てを披露しましたね!

それぞれのCD収録状況はこんな感じです。

曲名 収録シングル
ガールズアワー ガールズアワー
マイストーリー ガールズアワー
マジックランデブー マジックランデブー
グレフル マジックランデブー
シュガシュガ マジックランデブー

全部カタカナ表記なんですね。HINAさんがMCで言ってました。

でもその後にSENAさんが、これから全部カタカナかどうかはわからないとも言ってましたね。

すごいなと思うのが、カタカナだと硬い印象を受けると思うんですが、この5曲のタイトルからはどこかポップな柔らかさを感じます。

さて、1曲目ですが、6/20に発売予定のメジャーデビューシングル『マジックランデブー』です。

曲調は、有り体の言い方になってしまいますが、すごくシャレてます

ダンスも見ごたえがあります。

3人が連携して大きく動くところがあるんですが、素人の僕が観てても「タイミング合わせるの絶対難しいだろうな」とわかります。

サビでのハートを作ってくぐったりするところです。

これ3人の息が合ってないとうまいことタイミング合わないと思うんですよ。

「毎回合わせてんのすごいな〜」

って思いながら観てました。

2曲目は、『マジックランデブー』のカップリング曲である『グレフル』でした。

「グレープフルーツ」の略ですね。

曲調もさわやかな感じがします!

足の動き、ステップが印象的ですね。

3曲目は、最初のシングル『ガールズアワー』。

最初の曲とあってか、他の曲よりこなれてる感がありました。

かわいいコンセプトの曲なのに、やたら曲調がかっこいいんですよ。後ろでベースがぶんぶん鳴ってたり。

手拍子が随所でありましたね。

4曲目は、こちらも『マジックランデブー』のカップリング曲『シュガシュガ』。最近初披露されたばかりの曲です。

砂糖のシュガーですね。「シュガ」が2つ並ぶだけでなぜこんなにかわいくなるんでしょうか。

かわいいハートを作って腕を振るという振りがあるのですが、おじさんの僕は「そんなハートの作り方があるのか」と勉強になってしまいました(笑)

こちらです。

指の先でハートを作ってるんですね。なんだこれかわいいな(笑)

5曲目は、『ガールズアワー』のカップリング曲『マイストーリー』。

僕の大好きな曲が来ました!

もう全身で感じ取ろうと思って、精神を整えて観てましたよ。

いやー本当に好きです。

この曲だけ明らかに他の曲とは一線を画する雰囲気なんですよ。

そう感じさせる要素を挙げるとしたら、

  • 高鳴るアツいビート
  • 幻想的なサウンド
  • 郷愁的なメロディ

という感じですね。

バックの音楽とボーカルメロディラインがこれでもかというぐらいマッチしていて、聴いててすごく気持ちいいんですよね。

何ていうんですか?脳内物質が出まくるんですよね。

さて、持ち曲全5曲を披露してくれたわけですが、5曲ともに言えることとして、

総じて例外なくオシャレな楽曲

だということです。

「メロウなサウンド」ってのはこういうことか

と思いました。

・・・

MELLOW MELLOW推せるわ。

メンバーそれぞれの印象はと言いますと、

アレですね、SENAさんやっぱり歌上手いです。

そしてダンスのキレ

パフォーマンススキルは、3人の中で群を抜いてました。

MAMIさんも負けてません。

さんみゅ〜で培ってきた技術が光ってるなと感じました。あとかわいい

HINAさんは、これからの成長が楽しみという印象でした。

というのも、SENAさんとMAMIさんはさんみゅ〜としてそれなりにキャリアもあり、そのスキルは実践を通して日々磨かれてきましたが、HINAさんはMELLOW MELLOWで初めてデビューした新人です。

そりゃ、SENAさんやMAMIさんと比べたらまだまだ成長要素があってもおかしくないですよね。

「2人と比べたら」という話なので、アイドルのパフォーマンスとしては十分にやっていると思います。新人ながらに!

何と言ってもスポーティーで元気溢れる感じで、すごく魅力的な方です。

ちなみに、僕は誰を推そうと思ってるかと言うと(おわかりかと思いますが)、

MAMIさん

です。

だってMAMIさんすごくかわいいんですもん…

・・・

やっぱMELLOW MELLOW推せるわ。

おまけ 〜特典会〜

お楽しみの特典会です!

今回はMELLOW MELLOWさん多めでいくことにしました。
(1枚譲って下さった大先輩のヲタクには感謝しかありません)

特典券(MELLOW MELLOW)

青いのは撮影券です。

MELLOW MELLOWさんの特典会は、

  • 全体握手
  • 全体撮影
  • 個別撮影

という感じでした。

新しい現場の特典会というものはいつになっても緊張しますね…

全体握手は全員と握手できるんで選択の余地がないですが、問題は青の撮影券です。

全体撮影に1枚使って、残りの2枚を個別にしようとしていたのですが、メンバーは3人います。果たして誰にいこうか…

本当は3人行きたいのですが、今回はLANAの関連でSENAさん、そして推しかけているMAMIさんに行かせていただきました。

「今回は」に注目です。ええ、また絶対行きますとも。だから待ってて!!HINAさん!!

LANAの特典券は相変わらずのクォリティーでした(笑)

特典券(LANA)

先日のレポート読んでくれたみたいで、直接こうやって言ってもらえると嬉しいもんです。

サインが変わったこと(またかい!)や、6月に未発表のイベント出演予定があることなどを聞きました。

推しとの特典会は楽しいものです!いつもありがとな!!

今回やらかしてしまったことがあるのですが、MELLOW MELLOWさんのお時間を取らせてしまいました。

できるだけスムーズに行くように調整していたつもりなんですが、結果的にMELLOW MELLOWさんの鍵閉めをすることになってしまい、やってしまったな〜と思いました。

※鍵閉めとは、特典会の最後の人になることです

特典会は常に誰かしらが最後になるので、鍵閉め自体は別に悪いことでもなんでもないんですが、問題は「もう終わりまーす」ってアナウンスしてるのに、特典会させてもらっちゃったことです。

MELLOW MELLOWさんのお時間を取らせてしまって申し訳なかったです。

今回のことから学ぶべき教訓は、

特典会は計画的に、スピーディーに

ですね。本当に反省します…

最後に

特典会では若干やらかしてしまってブルーになりましたが、ライブは楽しかったです!

自分の知らないアイドルグループを観に行く、開拓するのは楽しいですね!

推しだけじゃなくたまには外を見てみることで、自分の興味が広がっていきますし、今まで見えなかった推しの新たな一面も見えるようになります。

ころころパピーさんのようにデビューしたばかり(1週間前)のアイドルを観る機会って中々ないですし、貴重な機会を得られました。

基本に忠実にアイドルしているのを見ると、やっぱ基本って大事だなと思います。

頑張ってもらいたいですね!

LANAは、かなり仕上がってたと思います。

特に『輝く月のように』はもうすごかったですよ。圧巻とはあのことです。

LANAはダンスなし歌のみですから、こういった対バンではやはり盛り上がる1曲が欲しいところですね。

MELLOW MELLOWさんはずっと気になってて、リリイベやってるから行こう行こうと思いつつ行けてなかったんです。

というときに、3MANライブにLANA出演の吉報!「行くしかあるまい!」と思って参加しました。

そしてMELLOW MELLOWさんの魅力に気付いてしまいました。

何でも行ってみるもんですね。新しい世界が広がります。

つまり、結局何が言いたいかと言うと、僕が言いたいのはこれです。

・・・

MAMIさんかわいい。

マジックランデブー (初回限定盤A)
マジックランデブー (初回限定盤B)
マジックランデブー (通常盤)

スポンサーリンク

SNSでシェアする

あわせて読みたい

村上来渚と伊山摩穂のソロ初イベント!『まほらな生誕パーティー』レポート

2018.02.25

Tokyo Flamingoの新曲をLANAが振り付け!推しの大渋滞!「 #トーフラTIFへの道 入場無料ライブその1」レポート

2019.03.09

LANA(村上来渚)の一旦ラストライブ。『Dream World Vol.20』レポート #ドリワ

2018.08.23

誕生日・結婚・出産おめでとう!LANA(村上来渚)の生誕イベント『LANA HBD LIVE -ヘイセイサイゴノセイタンサイ-』レポート

2019.03.22

Tokyo FlamingoとLANAのイベントを回したら、一夏の何かが始まりかけた。LIVEプラス&JaccaPoP presents「天国 vol.1」レポート

2018.07.19