Tokyo Flamingoが2年越しの1stワンマン開催!その実力は、本物だ。 #トーフラ

Eyecatch

SNSでシェアする

スポンサーリンク

2019年11月2日に行われた、Tokyo Flamingoの1stワンマンライブへ行ってきました!

トーフラのお披露目から2年、初のワンマンライブ開催となります。

僕の想像よりも、遥かにレベルの高いライブでした。

それでは、お伝えしていきます。

2年越しの1stワンマン開催


公式のツイートから引用

ワンマン開催にあたって、我々トーフラファンがまず言いたいのは、

「ワンマン開催マジでおめでとう!!」

だと思います。

なぜなら、

  • グループの初お披露目から2年経っている
  • 初めてのワンマン開催

だからです。

グループの初お披露目は、2017年の10月29日だったようです。

それから2年経って2019年11月2日、初めてワンマンライブを開催したのです。

もっと早い時期にワンマンを開催するアイドルグループもいます。

では、なぜトーフラは2年かかったのか?

トーフラは、様々な面で中途半端な状態でのワンマン開催を避けたのだと思います。

ただワンマンライブを開催するだけであれば、たぶんいつでもできたと思うんです。

ワンマンライブを開催する要素としては、

  • 会場の大きさ(集客)
  • 演出にどこまでこだわるか
  • 持ち曲をいくつ持っている状態でやるか
  • グループの実力

などなど、いくつかあるかと思います。

この要素において例えば、

  • すごくキャパの小さな会場で、
  • 特になんの演出もなく
  • ただライブをするだけ

というワンマンライブなら、いつでもできたと思います。

おそらくトーフラの中で、「このぐらいの規模じゃないとワンマンはできない」のような基準があったのではないでしょうか。

そこに達するまではワンマンはできない。そんな思いがあったのだと推察できます。

その結果、2年という歳月が必要だったのだと思います。

僕がトーフラと出会ったのは、2018年6月16日のことです。そのときのことは、こちらの記事に書いています。

それからトーフラ現場に通うようになって、いくつか記事も書いていました。

ここ最近のトーフラの動きは、こちらの記事にまとめています。

僕がトーフラへ通い始めてから約1年半経った今、トーフラ2年越しの1stワンマンの記事を書いています。

ライブ概要

そんな1stワンマンライブの概要を見ていきましょう。

項目 内容
日程 2019.11.2(sat)
会場 新宿ALTA KeyStudio
時間 開場18:30/開演19:00
通常チケット 予約3000円
当日3500円
(各1D)
VIPチケット 15,000円(1D)
撮影可能エリア
チケット
10,000円(1D)

会場内のエリア区分けについては、

  • 一般エリア
  • ファミリーエリア
  • VIPエリア
  • 撮影可能エリア

となっています。

通常チケットを買うと、一般エリアになりますね。お子様がいる場合は、ファミリーエリアとなります。

VIPチケットを買うと、最前列のVIP専用エリアになりますね。更に、VIPチケットの特典はこんなのもありました。

  • VIP限定Tシャツ
  • 本番前にバックヤードにて記念撮影

撮影可能エリアチケットを買うと、会場内の撮影可能エリアにて【静止画のみ】撮影可能となります。

僕は通常チケットで行かせていただきました!

会場へ入ると、トーフラのワンマン開催にあたって届いた大きなスタンドフラワーがありましたよ!

セットリスト

それでは、この日のセットリストを見ていきましょう。

セットリスト

    オープニングアナウンス

    オープニングムービー

  1. Ride on night
  2. Everybody!
  3. macaron
  4. トーフラの日常ムービー

  5. カバー曲1
  6. カバー曲2
  7. カバー曲3
  8. -MC-

  9. Flyhigh
  10. The Infinity Future
  11. 深夜流星群
  12. VIVID
  13. -アンコール-

  14. カバー曲4
  15. 深夜流星群
  16. VIVID
  17. エンディングムービー

記憶を頼りに書きましたので、多少順番が前後していると思いますが、だいたい合ってるかなと思います。正確な情報をお持ちの方は、@halu828までお願いします!修正します!

ひとまず、トーフラが持っている曲はすべて披露していました!

カバー曲の披露が本編で2曲、アンコールで1曲でした。

カッコイイ演出の数々

トーフラのライブパフォーマンスはもちろん素晴らしく、ぶちアガりました。

今までのステージ経験や、たゆまぬ努力があってこそだと思います。ほんとすごい。

そんな激しいパフォーマンスなのに、メンバーはすごく楽しんでる様子が伝わってくるんですよね。なんだこのグループ。やべぇ奴らだなおい(もちろんめちゃくちゃいい意味で)。

そして、僕がなぜレベルの高いライブだと感じたかというと、その最大の要因は、数々の手の込んだ演出があったからなんです。

オープニングアナウンス

開演前に、メンバーが舞台裏からマイクのみで、ライブの注意事項をアナウンスするというやつです。

愛理ちゃんのアナウンスがうますぎて、会場がどよめいてました。デパートでの迷子のアナウンスの感じです。

開演前のアナウンスはワンマンでよく目にするものですよね。なんだか「俺今、ワンマンライブ来てるわ〜」という気分にさせてくれました(笑)

数々のムービー演出

新宿ALTA KeyStudio という会場には、たくさんのスクリーンがあるんです。ステージ正面とサイドの壁一面です。

そのスクリーンを最大限に活かして、たくさんのムービーやカッコイイ演出がありました。

  • オープニングムービー

まず、開演前BGMが終わっていよいよライブが始まる…!と思ったら、オープニングムービーからスタートです!

トーフラのメンバーをそれぞれ紹介していくというもので、「おぉーー!!」とただただ感嘆していました。だって、これ普通にすごくないですか?オープニングからカッコイイ。


愛理ちゃんのツイートから引用

  • 日常ムービー

何曲か披露すると、メンバーが捌けていきました。

まず、ここで驚きです。捌けていくということは、何かしらの演出があるんだと思いました。

そして、案の定ムービーが流れ始めました!これがおもしろくておもしろくて(笑)

ホテルの一室で、マネージャーさんも含め、トーフラメンバーが集まっています。

で、えりかさんがテレビの画面をタッチしてるんです。タッチすると、なぜか画面が切り替わるんです。タッチ式のテレビ!?

実は、後ろでマネージャーさんがリモコンを上手いこと操作してるんですね(笑)

メンバーはみんなわかってるんですが、えりかさんだけは気づいていない状態で、めっちゃ不思議そうにしてるんです(笑)

ネタばらしをされて、ベッドに倒れ込むえりかさん(笑)かわいいかよ(笑)

  • エンディングムービー

エンディングでは、スタッフロールムービーが流れます。

バックの映像は、今までのトーフラのステージや活動風景のスライドショーでした。

メンバーや、マネージャーさん、音響さんや照明さん、KeyStudioのスタッフさんの名前が流れていきます。


音響さんのツイートから引用

クールなスクリーン演出

ムービーだけじゃない!スクリーンを使った演出は他にもありました!

  • 超クールな登場

オープニングムービーが終わると、メンバー登場です。

7人が後ろ向きに並んで、スクリーンに順々に1人ずつのカラーが縦に映っていくんです。

これですよ。かっこよすぎません????


公式のツイートから引用

  • メンバーごとのメッセージ&サイン

エンディングムービーが終わると、メンバー全員のメッセージとサインが映し出されました。

最後これですよ?かっけぇ…


ゆきりんのツイートから引用


公式のツイートから引用

ステージ上での演出

  • ユニットに分かれてのカバー曲

ライブ本編では、途中でカバー曲を披露。

3人が捌けていって4人だけ残ったなーと思ったら、カバー曲が始まったんです。

そして、曲の終わり際に残りの3人が出てきて、流れるように交代して次のカバー曲。

最後には、また捌けていたメンバーが出てきて7人でパフォーマンス。

ただ入れ替わって曲を披露していく形でも全然問題ないんですが、こういった形でライブが進行していくとカッコイイですよね。

  • アンコールでのサインボール投げ

アンコール1曲目では、サインボール投げ!

僕はキャッチできませんでしたが、この演出にはかなり「地上感」を感じました。

他の地下アイドルのワンマンライブにはそんなに行ったことないですが、これはあまりやってないのではないでしょうか?

地上のアイドルが、節目の大きなライブでやるイメージがあります。

  • マイクを通さない「ありがとうございましたー!」

ライブの最後には、メンバー全員手をつないで、マイクを通さずに

「ありがとうございましたー!」

で幕を閉じました。おなじみのやつですね。

最後までワンマンライブ感を演出してくれました!

終わりに

1stワンマンライブ、大成功だったと思います。

それは、ライブの内容もそうですが、単にお客さんがたくさん入っていたというのもあります。

正直、ちょっと前までの対バンでの状況を考えると、信じられないほどの客数でした。

Tokyo Flamingoというグループは、

  • ビジュアルも素晴らしく、
  • 歌・ダンスともにスキルもある

グループなのに、今まで報われていない感がずーっとありました。

いつもの対バンライブを見ていても、明らかに他の地下アイドルとは一線を画すると思っていたのに(推しグループに対する無意識のひいきもあると思いますが)。

そこへ、

  • 今までの地道な活動での広まり
  • TIF出場という実績

が加わって、今回のワンマン成功につながったのだと思います。

僕がトーフラへ通い始めた当初は、正直

「大丈夫か?このグループ」

と思うぐらい、お客さんがいなかったんです。

それが今では、TIFへ出場し、ワンマンライブを成功させてしまうところまで来ました。

僕が通う前、さらには初お披露目から通ってらっしゃる方にとっては、言葉にならない想いがあるのではないでしょうか(僕でさえ胸に来るものがあります)。

本当に、「ここまで来たか…」という感じです。

Tokyo Flamingoのさらなる発展を願って、今回のレポートを終わろうと思います。

次は、CDデビューでしょうか!?今後のトーフラの動きから、目が離せませんね!

スポンサーリンク

SNSでシェアする

あわせて読みたい

Tokyo Flamingoの新曲をLANAが振り付け!推しの大渋滞!「 #トーフラTIFへの道 入場無料ライブその1」レポート

2019.03.09

PASSPO☆のててでる対バンツアー&トーフラの福士マイカ生誕イベント で合計7組を思う存分楽しんだレポート

2018.06.21

Tokyo Flamingoが新メンバー追加で最多の7人に!新体制のお披露目ライブに行ってきた! #トーフラ

2019.09.13

Tokyo FlamingoとLANAのイベントを回したら、一夏の何かが始まりかけた。LIVEプラス&JaccaPoP presents「天国 vol.1」レポート

2018.07.19