メジャーデビューしたLANA(村上来渚)の第2回主催ライブ『YUMEMIRAI Vol.2 リリースパーティー!』1部レポート

Eyecatch

SNSでシェアする

スポンサーリンク

2020年1月19日に行われた、『YUMEMIRAI Vol.2』に行ってきました!

1月15日にメジャーデビューしたばかりのLANAが、2部制の主催ライブを開催しました!

LANAが事務所に所属してから、2回目となる主催ライブでもあります。

この記事は、1部である『Day time』をレポートします。

ライブ概要

項目 内容
タイトル YUMEMIRAI Vol.2 リリースパーティー! -Day Time-
日時 2020年1月19日(日)
OPEN/12:00
STRAT/12:30
場所 青山RizM
チケット 前売り/3,000yen+1D
当日/3,500yen+1D
出演者 LANA/DEAR KISS/Meik/かなまる/
はらあやの/Silly°Honey (OPENING ACT)

今回のライブは Vol.2 です。2019年10月に Vol.1 が開催されています。Vol.1はこちらの記事からどうぞ。

今回のイベントのビジュアルです。

注目のゲストがたくさんです!

Day time(1部)は、

  • ダンス&ボーカル
  • ギター弾き語り

のスタイルの演者さんです。

ちなみに、Night time(2部)は、

  • 生バンド
  • アカペラ

です。2部は別記事でレポートします。

それでは、1部のレポートしていきます!

Day time(1部)レポート

オープニングアクトから始まって、最後は主催のLANAで終わる構成です。

タイムテーブル
  1. Silly°Honey (OPENING ACT)
  2. はらあやの
  3. かなまる(LANAコラボあり)
  4. Meik(LANAコラボあり)
  5. DEAR KISS(LANAコラボあり)
  6. LANA

Silly°Honey (OPENING ACT)

まずは、オープニングアクトのSilly°Honey(シリーハニー)ちゃんです。

今回のイベントで2組いるアイドルのうちの1組になりますね。

メンバーの1人である芽利ちゃんが、LANAの楽曲を踊ってみてくれたんでもう好きです(ちょろい)。

ライブを拝見しましたが、駆け出しアイドルって感じでフレッシュでいいですね!

“遊園地”がコンセプトというのもおもしろいです。メンバー1人ひとりに推しアトラクションがあるのもいいですね!

シリハニ(略し方あってるかな?)ちゃんは、LANAが1曲振り付けを提供しています。

今回のライブでその楽曲『Happy Girl』を披露してくれました!

こちらの3曲目ですね。

かわいくてわかりやすい振り付けになってるな〜と感じました。

以前、僕が推してるTokyo Flamingo(トーフラ)というグループにも振り付けを提供したのですが、そのときよりもだいぶアイドルらしいかわいい振り付けでしたね。

はらあやの

知り合いのオタクの方が推してるので、お名前だけは知っておりました。

はらあやのちゃんは、ギター1本担いで弾き語りのスタイルです。

元々アイドルグループに所属していましたが、現在はソロでシンガーをしています。LANAと同じですね!

僕的に驚いたのは、指弾きでアルペジオ奏法をしていたことです。

指弾きアルペジオというのは、ピックを持たずに1弦ずつ指で音を重ねる弾き方をする奏法です。

これって、「少しギター始めました〜」程度では身につかない技術だと思ってます。
(少なくとも、ギターをちょろっとかじっただけの僕はできません笑)

この辺の技術的な要素から、彼女は「真剣にギターで音楽をしているんだな」ということが感じ取れました。

バンド体制でのライブもやってるようです!観てみたい!

かなまる

かなまるさんは、前情報もなしで完全に初見って形でしたが、すごく楽しいライブでした!

まず、1児のママでソロシンガーってのがLANAと共通点があって、あとめっちゃ元気ってところもLANAと似ています笑

LANAとのコラボがありました!ママつながりということで『パプリカ』を披露。

すごく親しみのある感じで元気にMCを展開されるし、歌は上手いし、楽しかったですね〜。

Meik

Meikちゃんは前から観たいな〜観たいな〜と思ってたんです。なぜかと言うと、僕が推してるJewelってグループの元メンバーなんですよ。なので期待大でした。

期待を超えてきました。

この人すごいですね。ゴリゴリの楽曲とダンス。歌もすごいし、ダンスもすごい。ガチパフォーマーでした。

LANAと同じで、バックダンサー2人を従えて3人体制でパフォーマンスするスタイルです。

LANAとのコラボでは、Meikちゃんのカバー曲『Timing』を披露。

Meikチーム3人 + LANAチーム3人 で、合計6人でのパフォーマンスです。これはアガりましたね〜〜〜。

単純にかっこいいし、6人でのステージは見応えがありました。

めちゃすげーパフォーマンスしてるMeikチームと一緒にLANAチームがパフォーマンスしてて、なんていうか「LANAチームも負けてないんや!!」って感じで謎の対抗心が芽生えました笑

なんだろう、この6人でのステージがめちゃくちゃよかったんですよね。うまく言語化できないんですが。改めて「LANAにもバックダンサーついたんだな」って感じたりだとか、「アゲ曲のLANAチームいいな」とかそんな感じなことを思った気がします。とにかくすごくよかったです。

DEAR KISS

DEAR KISSは、とても好きなグループです!

伊山さん(LANAと大親友)いるし、みいわちゃんかわいいし、楽曲もパフォーマンスも好きです。なので、今回のイベントに出てくれると聞いて、普通に楽しみにしてました!

いや〜、やっぱりDEAR KISS楽しいですね。スタイリッシュな雰囲気なんですが、普通にオイオイコール入れるからアイドルのステージとして楽しい部分もあり、素晴らしいです。

LANAとのコラボでは、『Glaring★Glaring』にてLANAを入れて6人でパフォーマンスを披露。

Facebookですが、こちらに『Glaring★Glaring』の動画ございます。

DEAR KISSのダンスはクールでスタイリッシュな印象ですので、いつもとは違う雰囲気のLANAを観ることができました。

LANA

最後は、主催のLANAですー!!

1月15日にリリースされた『ユメミライ』収録3曲の他に、持ち曲である『Cry』や『キミへのオモイ』、カバーで『今夜はブギー・バック』を披露しました。

それぞれの曲の雰囲気だけでも掴んで欲しいので、動画貼っておきます(皆さん、動画お借りします…!)。

  • 『ユメミライ』
  • 『Like Love』
  • 『Cry』
  • カバー『今夜はブギー・バック』

2020年に入ってから、バックダンサー2人を従えるようになったんですよ。のぞみちゃんとはづきちゃんです。

バックダンサーありでのパフォーマンス、めちゃくちゃいいですね。ステージがパッと華やかになりますし、動きがあるのはステージとして見応えが出ますよね。

実際、LANAも元々ダンスをやってましたから、歌だけのステージングはもったいないと思っていたんです。今年から、バックダンサー付きでダンスパフォーマンスでの形を実現してくれて、ファンとしてはとても嬉しいです。

ダンスありだと、特に『Like Love』が素晴らしいです。ダンスをするために作ったんじゃないか?って感じの曲調で、アガるしノれるし、ライブハウスで映える感じがします。

終わりに

1部は、主にダンスパフォーマンスが印象的でしたが、ギター弾き語りもありつつ、コラボもありつつ、終始飽きないイベントでした!

印象に残ったのは、Meikちゃんとのコラボですね。あれはなんか頭に焼き付いて離れません。強烈に印象付いてます。

そういえば、こんなに大きなお花があったんですよー!(冷静にこれはすごすぎる)

この花を出した方もレポートを書いてくださってますので、こちらもぜひどうぞ!

2部のレポートもお楽しみに!では!

※追記※
2部のレポート上がりました!

スポンサーリンク

SNSでシェアする

あわせて読みたい

Tokyo Flamingoが新メンバー追加で最多の7人に!新体制のお披露目ライブに行ってきた! #トーフラ

2019.09.13

生歌・生ダンス・生バンド『J☆Dee'Z YEAR-END PARTY!!! 2018』レポート #YEP2018

2018.12.15

スト生曲披露!「LUNA from GEM」定期公演 第2回 ライブレポート

2017.11.19

2日連続で金澤有希ちゃん!森杏奈卒業公演&金澤有希生誕祭レポート

2018.05.03

Tokyo Flamingoが2年越しの1stワンマン開催!その実力は、本物だ。 #トーフラ

2019.11.04